「優雅なる舞踏祭」踊る・歌うガチャまとめ[FEH]

超英雄召喚イベント「優雅なる舞踏祭」

9月29日(金)、FEヒーローズで超英雄が参戦。

『ファイアーエムブレム 覚醒』から「祭の舞姫 オリヴィエ」「蒼穹のダンサー アズール」、『if』から「祭の歌姫 アクア」「深藍のシンガー シグレ」が、観客を魅了する踊り子・シンガーバージョンで登場しました。

外伝マップ12「優雅なる舞踏祭」も配信されています。

また、10日間まで「オーブ」がもらえる記念ログインボーナスも開催。

【開催期間】

2017年9月29日 16:00 ~ 10月30日 15:59

「優雅なる舞踏祭」ガチャのピックアップ

名称 タイプ スキル(★5)
祭の歌姫
アクア

・歩行

ウルズ【専】
歌う【専】
相性激化3
魔防の大紋章2
蒼穹のダンサー
アズール
・歩行 舞踏祭の輪+
踊る【専】
疾風の舞い3
攻撃の鼓舞3
祭の舞姫
オリヴィエ
・歩行 舞踏祭の扇子+
踊る【専】
遠距離防御3
業火の舞い3
深藍のシンガー
シグレ

・歩行

舞踏祭の楽譜+
歌う【専】
大地静水の舞い2
青魔の技量3

「歌・踊り」がテーマの超英雄たちが登場しました。

アクアは、「槍→斧」に武器を変更。
4人の中で唯一専用武器「ウルズ」を持っています。

オリヴィエは、「剣→暗器」の遠距離ユニットに。

アズールとシグレの二人は初登場。
通常版に先駆けて、超英雄として参戦となりました。

もちろん、4人とも味方を再行動させる補助(「踊る」「歌う」)をもっています。

『覚醒』『if』超英雄4人の詳細

祭の歌姫 アクア

アミュージアのショー会場に現れた、
正体不明の歌姫。圧倒的な歌唱力を持つ。
(登場:『if』)

ファイアーエムブレム ヒーローズ

ウルズ【専】
威力:16 射程:1
「歌う」「踊る」使用時、対象の攻撃、速さ、守備、魔防+3

歌う【専】
射程:1
対象を行動可能な状態にする
「歌う」「踊る」を持つ対象には使用できない

相性激化3
3すくみ有利だと、さらに攻撃+20%
3すくみ不利だと、さらに攻撃-20%

魔防の大紋章2
周囲2マスの味方は、戦闘中、魔防+3

蒼穹のダンサー アズール

踊り子オリヴィエの血を引くダンサー。
亡き母の踊りと力を受け継いでいる。
(登場:『覚醒』)

ファイアーエムブレム ヒーローズ

舞踏祭の輪+
威力:12 射程:2
自分から攻撃した時、戦闘後、自分の周囲1マスの味方を7回復

踊る【専】
射程:1
対象を行動可能な状態にする
「歌う」「踊る」を持つ対象には使用できない

疾風の舞い3
「歌う」「踊る」使用時、対象の速さ+4

攻撃の鼓舞3
ターン開始時、周囲1マスの味方の攻撃+4(1ターン)

祭の舞姫 オリヴィエ

見る者を笑顔にする力を持つ踊り子。
イーリスで開かれた舞踏祭に出演していた。
(登場:『覚醒』)

ファイアーエムブレム ヒーローズ

舞踏祭の扇子+
威力:10 射程:2
自分から攻撃した時、戦闘後、自分の周囲1マスの味方を7回復
戦闘後、敵の守備、魔防-7(敵の次回行動終了まで)

踊る【専】
射程:1
対象を行動可能な状態にする
「歌う」「踊る」を持つ対象には使用できない

遠距離防御3
弓、暗器、魔法、杖の敵から攻撃された時、戦闘中、守備、魔防+6

業火の舞い3
「歌う」「踊る」使用時、対象の攻撃+4

深藍のシンガー シグレ

歌姫アクアの血を引くシンガー。
アミュージアでは正体を隠し歌っていた。
(登場:『if』)

ファイアーエムブレム ヒーローズ

舞踏祭の楽譜+
威力:12 射程:2
自分から攻撃した時、戦闘後、自分の周囲1マスの味方を7回復

歌う【専】
射程:1
対象を行動可能な状態にする
「歌う」「踊る」を持つ対象には使用できない

大地静水の舞い2
「歌う」「踊る」使用時、対象の守備魔防+4

青魔の技量3
生存時、自軍の武器種・青魔は全員、戦闘で入手SP2倍
(同系統スキル効果が複数の時は、累積せず最大値適用)

外伝マップ12「優雅なる舞踏祭」

ノーマル

マップ 詳細

12―3
フィナーレ

スタミナ:5/LV:10
 祭の歌姫 アクア
 祭の舞姫 オリヴィエ
 深藍のシンガー シグレ
 蒼穹のダンサー アズール

12―2
踊り子と歌い手

スタミナ:4/LV:7
 ソードペガサス
 アクスナイト
 祭の舞姫 オリヴィエ
 深藍のシンガー シグレ

12―1
歌姫ダンサー

 

スタミナ:2/LV:5
 ソードファイター
 祭の歌姫 アクア
 ブルーマージ
 蒼穹のダンサー アズール