比翼エフラム登場!聖魔「熱砂の傭兵団」ガチャまとめ[FEH]

FEH 新英雄召喚イベント「熱砂の傭兵団」

新英雄召喚イベント「熱砂の傭兵団」

11月7日(木)、FEヒーローズで新英雄が参戦。

『ファイアーエムブレム 聖魔の光石』より、「比翼の王子と皇子 エフラム」「砂漠の虎 ジスト」「あどけなき魔道 ユアン」「艶美の舞 テティス」の4人が登場します。

また、「受け継がれし豪腕 ロス」も★3、★4で登場。

ストーリーマップは第3部13章「君はどうか、幸せに」が追加です。

【開催期間】

2019年11月7日 16:00 ~ 11月28日 15:59

「熱砂の傭兵団」ガチャのピックアップ

名称 スキル ★5
【比翼の王子と皇子】
エフラム
・歩行
レギンレイブ(専)
竜裂
剛剣4(新)
攻撃守備の凪3
攻撃の波・奇数3
【砂漠の虎】
ジスト
・歩行
火薙ぎの斧+(新)
月虹
緋炎の一撃4
恐慌の惑乱3
歩行の鼓動3
【あどけなき魔道】
ユアン
・歩行
ラウアサーペント+(新)
氷華
飛燕明鏡の構え2
速さの混乱3(新)
【艶美の舞】
テティス
・歩行
粛清の暗器+
踊る(専)
速さ魔防の絆3
暗器の経験3(新)
【受け継がれし豪腕】
ロス
・歩行
勇者の斧+
ぶちかまし
生命の業火3
守備の威嚇3

『ファイアーエムブレム 聖魔の光石』から、4人の新英雄が★5で登場しました。

エフラムはおなじみ、ルネス王国の王子でエイリークの双子の兄。
通常版と同じく「槍・歩行」タイプですが、今回はグラド帝国の皇子・リオンとの比翼英雄として参戦です。

ジストは、【砂漠の虎】という異名を持つ傭兵団のリーダー。
団員にはテティスやユアン、マリカなどがいます。

ユアンは、テティスの弟でジスト傭兵団の一員。
賢者サレフを魔道の師としています。

テティスは、ユアンの姉でジスト傭兵団の一員。
情熱的な踊りで人々を元気づける妖艶な踊り子です。

また、「受け継がれし豪腕 ロス」も★3、4限定で登場です。

ロスは、ルネス王国の戦士ガルシアの息子。
ジストには稽古をつけてもらっています。

『聖魔の光石』新英雄5人の詳細

比翼の王子と皇子 エフラム

比翼の王子と皇子 エフラム

ルネス王国の王子とグラド帝国の皇子。
同盟国の継嗣として親交を持ち、友情を育んだ。
(登場:『聖魔の光石』)

ファイアーエムブレム ヒーローズ

【特殊能力】

比翼スキル
自身と周囲2マスの味方歩行、重装の移動+1(1ターン、重複しない)
(マップ中1回、「比翼ボタン」を押して使用可能。自身がダブル状態の時は、使用できない)

常時効果:死闘
自分が★5かつレベル40の時、闘技場などで、自分の能力値が低くても、スコアの高い敵が登場する
(限界突破やスキル等を加味しない場合の自分の能力値が185より低い場合、185として扱われる)

 レギンレイブ(専)
威力:16 射程:1
重装、騎馬特効
攻撃+3
攻撃が敵より1以上高い時、または移動+1の効果を受けている時、絶対追撃

 

 竜裂

 剛剣4(新)
攻撃が敵より1以上高い時、自身の攻撃による奥義発動カウント変動量+1(同系統効果複数時、最大値適用)
かつ、ダメージ+5

 攻撃守備の凪3

 攻撃の波・奇数3

 

ハロウィンのヘクトルに続き、エフラムが2体目の比翼英雄として登場です。
前回同様に、召喚イベントに常設されるわけではないので注意が必要ですね。

エフラムとしては、5体目のバージョン。
通常・伝承英雄・総選挙・クリスマス超英雄と、一通りのタイプを網羅した形になりました。

専用武器には、重装と騎馬に特効を持つ「レギンレイヴ」。
攻撃力も上がり(合計58)、さらに攻撃が敵より高ければ絶対追撃の効果も付いてきます(移動+1の効果の時にも発動)。

新しいAスキルでは「剛剣4」も習得。
こちらも攻撃が相手より高い時に発動し、与えるダメージが増えるほか、自分の攻撃による奥義発動カウント変動量も+1となります。

Bスキル「攻撃守備の凪3」で、相手の攻撃・守備を-3にして強化も無効に。
Cスキル「攻撃の波・奇数3」で、奇数ターン時に自分と周囲1マスの味方の攻撃+6と、攻撃性能に特化したスキル構成となっています。

砂漠の虎 ジスト

砂漠の虎 ジスト

ジスト傭兵団のリーダーで、百戦錬磨の傭兵。
テティス、ユアンの師弟やマリカらを統率する。
(登場:『聖魔の光石』)

ファイアーエムブレム ヒーローズ

火薙ぎの斧+(新)
威力:15 射程:1
自分、敵ともに反撃不可

 

月虹

飛燕の一撃4

 恐慌の惑乱3

 歩行の鼓動3

 

専用武器はありませんが、新スキルの「火薙ぎの斧+」を所持。
自分と相手ともに反撃不可の状態となります。

速さが「36」で、Aスキルの「飛燕の一撃4」を合わせると「45」。
なので、一方的に2回攻撃を出せる場面も多くなります。

HPは「47」と高めで、それよりHPが低い相手に発動するスキルを2つ持っています。

恐慌の惑乱3 … 敵同士が隣接でHPが低い敵にパニック(強化+を-に)
歩行の鼓動3 … 1ターン目、HPが低い味方歩行の発動カウント-1

あどけなき魔道 ユアン

あどけなき魔道 ユアン

ジスト傭兵団の一員で、テティスの弟。
賢者サレフに師事する押しかけ弟子でもある。
(登場:『聖魔の光石』)

ファイアーエムブレム ヒーローズ

ラウアサーペント+(新)
威力:12 射程:2
弓、暗器、魔法、杖の敵から攻撃された時、戦闘中、守備、魔防+6

 

氷華

飛燕明鏡の構え2

速さの混乱3(新)
ターン開始時、敵同士が隣接していて、かつ、魔防が自分より3以上低い敵の速さ-7(敵の次回行動終了まで)

 

こちらも専用武器はなし。
遠距離防御3を内蔵した新スキル「ラウアサーペント+」を持っています。

新しいBスキルは、速さを下げる「速さの混乱3」。
ターン開始時に、敵同士が隣り合っていて魔防が自分(35)より3以上低い相手が対象となります。

艶美の舞 テティス

艶美の舞 テティス

ジスト傭兵団の一員で、艷やかな色気を持つ踊り子。
愛する弟ユアンとふたりで戦乱の世を生き抜く。
(登場:『聖魔の光石』)

ファイアーエムブレム ヒーローズ

粛清の暗器+

 踊る(専)

 

 速さ魔防の絆3

 

 暗器の経験3(新)
生存時、自軍の武器種・暗器は全員、入手経験値2倍(同系統スキル効果が複数の時は、累積せず最大値適用)
装備不可:暗器以外

 

補助スキルに「踊る」を持つ、再行動キャラクター。
ですが自分のスキルに、踊った対象を強化するものは持っていません。

武器は、ラガルドが持つ汎用スキル「粛清の暗器+」です。
相手が受けている強化の合計値を、攻撃に加算するというものですね。

新しいCスキルには、暗器ユニットの経験値を増やす「暗器の経験3」もあります。

受け継がれし豪腕 ロス

受け継がれし豪腕 ロス

ルネス王国の戦士ガルシアの息子。
男で一本で育ててくれた父の武に憧れる、実直な少年。
(登場:『聖魔の光石』)

ファイアーエムブレム ヒーローズ

 勇者の斧+

 ぶちかまし

 

 生命の業火3

 

 守備の威嚇3

 

ロスは、★4・★3のみの「斧・歩行」ユニットです。

Aスキルの「生命の業火3」は、HPが敵より3以上高い時、攻撃+6の効果。
ルークや水着マーカスが★5で習得できるのに対して、ロスは★4で覚えることができるのが特徴です。

また、ステータスの合計は172で、斧ユニットの中でもかなり高めとなっています。

マップ第3部13章「君はどうか、幸せに」

ノーマル

マップ 詳細
 13章―5節
死の王ヘル
※増援出現

 スタミナ:3/LV:35
 比翼の王子と皇子 エフラム
 死の王 ヘル
 砂漠の虎 ジスト
 艶美の舞 テティス
 レッドペガサス

 孤高の槍 クーガー
13章―4節
あなたを殺す
 スタミナ:2/LV:33
 ソードペガサス
 比翼の王子と皇子 エフラム
 死の王 ヘル
 ブルーペガサス
 シスター

13章―3節
玩弄されるもの

スタミナ:2/LV:32
 撃殺の剣士 リーヴ
 ランスドラゴン
 アクスナイト
 鏖殺の魔女 スラシル
 ブラーファヴニル

13章―2節
あの丘で共に

スタミナ:2/LV:31
 ソードナイト
 砂漠の虎 ジスト
 ボウファイター
 艶美の舞 テティス
 ブルーマージ

13章―1節
私に従え

スタミナ:2/LV:30
 ランスアーマー
 受け継がれし豪腕 ロス
 ボウナイト
 あどけなき魔道 ユアン
 シスター

5節のマップの増援に新英雄「孤高の槍 クーガー(聖魔の光石)」が登場します。

ユニットタイプは、「槍・飛行」。
グラド帝国の竜騎士で【日長石】グレンの弟です。

11月11日からの大英雄戦で仲間にできる予定となっています。